何から始めれば良いのか分からないあなたへ!家づくりに関する知識や情報を紹介

当サイトでは何から始めれば良いのか分からない人に役立つ可能性のある、家づくりに関する知識や情報を紹介しています。
初めての住宅購入で心配ごとがある場合でも、このサイトをチェックすれば疑問が解消されるかもしれません。
また家を建てる際の見本となる、住宅展示場の巡り方も解説しています。
住まいの実物を見ることで、建てたい家のイメージが固まるでしょう。
住宅建築で失敗する人に見られる共通点についても触れています。

何から始めれば良いのか分からないあなたへ!家づくりに関する知識や情報を紹介

家づくりのための知識を押さえておきたいという人は多いのではないでしょうか。
戸建て住宅には建売と注文建築がありますが、希望を伝えて建ててもらいたい場合には注文建築の住宅になります。
家づくりをするには住宅メーカーを選ぶ必要があるので、まずは希望に合う家が建てられる工務店やハウスメーカーを探します。
雑誌やwebなどを調べて、カタログを取り寄せることから始めるのがおすすめです。
見学会や住宅展示場などに足を運ぶのも良いでしょう。

家づくりを考えるときはまずどんな家にしたいのかテイストを明確にしてみよう

家づくりは、自分の理想の家に仕上げるためにも業者にイメージを伝えるためにもテイストを定かにすることが重要です。
どんな雰囲気の家にしたいのかが定まってなければ、家づくりがスムーズに進みません。
まずはどんな雰囲気の家が理想なのか施工例やモデルハウスを見るなどして明確にしていきましょう。
ナチュラルやモダン、アメリカンや北欧調など家のテイストは実にさまざまです。
カフェや美容室のようにおしゃれな感じも人気ですし、スタイリッシュなデザイン住宅のような家も今風です。
趣味を取り入れた遊び心のある家や、ガーデニングにとにかくこだわるなど、アイデアはいろいろあります。
ここだけは譲れない部分をはっきりさせることで、作りたい家の完成像が見えやすくなるはずです。
家族で話し合い、それぞれの希望をできる限り取り入れた風合いにすることも大切です。
なりたい家に近づけるには、カラーやデザインをはじめ使う建材選びも慎重に行いましょう。

家づくりに役立つ情報収集のやり方

快適で家族の笑顔が見えるような素敵な家を建てたい、と思っていたにも関わらず実際に完成して住んでみると「こんなはずではなかった」「借家のほうが住みやすかった」というケースは少なくありません。
せっかく高い費用をかけたのに残念です。
そのような結果にしないためにはしっかりとした情報収集を行うべきです。
家づくりに役立つ情報収集のやり方として参考になるのは、家づくり情報誌です。
実際にどんな風に立てたか、どのくらいの費用が必要だったか、取り入れてよかったアイデア、逆にこうすればもっとよかったとという後悔なども載せられていますので大変参考になります。
雑誌以外ですとインターネットなども参考になりますので、上手に活用しましょう。
周りで家づくりをしている人がいるなら実際にお邪魔して家の中を見せてもらうことを親しい人にお願いしてみるのもいい方法です。

家づくりで参考にしたい施工例のチェックポイント

これから家づくりを考えるとすれば、何か参考になる資料等が必要かもしれません。
家づくりにおいては、全く何の情報もないところからイメージできるほど簡単なものではありません。
最終的に設計事務所が設計をしてくれるものの、完全にお任せしますと言う人は少なく、それならば建売住宅で良いでしょう。
あえて注文住宅を選ぶ理由はたまたま土地を持っていたと言う理由かもしれませんが、やはり自分たちが理想とする見た目にしたいと考えることがほとんどです。
このときの施工例としてチェックをしておきたいところの1つは、天井の高さになります。
意外と気にしていないことかもしれませんが、天井の高さはとても重要でわずか5センチ低いだけで圧迫感を感じることが少なくありません。
逆に標準の高さよりも5センチ高いだけで、広い空間に住んでいると感じるケースもよくあるわけです。
このように考えれば、施行例と言うのは非常に重要であり、確実に参考にしておきたい部分と言っても良いでしょう。
わからない場合は、ハウスメーカー等のモデルハウスに行ってみると良いかもしれません。

家づくりを依頼する業者で悩んだときの決め方

家づくりをする上では専門業者となるハウスメーカーや工務店を選ぶことはかなり重要です。
いくつかの会社が用意しているモデルハウスに見学に行った際に、依頼したい施工会社が複数候補に挙がった場合では、迷いが生じてしまうことも良くあることです。
悩んだときの決め方は、大前提として口コミや評判の良い業者が該当しますが、それだけではなく独自の耐震技術で比較検討する方法、法律が定める保証期間だけではなく、ロング保証を用意している施工会社であれば依頼しても後から失敗になることはほぼありません。
家づくりでは多くの施工会社で最新の住宅資材や技術を駆使していることは共通していますが、最初の簡単な相談を行った場合、施主からの希望だけではなく善きアドバイスをいくつも提案している施工会社も決める要素にすることができます。
後は意外と重要な部分になりますが、施工会社自体は素晴らしい会社であっても、担当するスタッフとの相性で決める方法も悪くはありません。

筆者:宇山勝幸

筆者プロフィール

愛媛県松山市生まれ。
住宅展示場を見学するときは実際の広さや日当たりに注意して見ています。
松山市で家づくりをするなら